スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元アイス!

この夏、どうやら「地元アイス」にはまってしまっているみたいです!

こういった、菓子店の店頭で最中の中に詰めてくれるようなタイプのアイスは、
どうやら三条市独特のものらしいです。
昔ながらの商売を続けているお店は、ほんの数件になってしまったけれど
街を歩いていて見つけたら、それはそれは嬉しい発見!

前回の「棚橋屋」さんのあと、アイス販売をやっているお菓子屋さんをちょっとだけネット検索…

そうしてヒットしたのが、大崎の「福寿堂菓子店」さん。
なにやらおめでたそうな名前につられて行ってみると…

住宅や学校のある界隈のかたすみに看板を発見!
福寿堂菓子店


小さなお店だけれど、きっと昔から親しまれてきたのだろうなぁ。
という想像を掻き立てるような店構えでした。
「アイスクリーム」と大きく書かれた赤いのぼりも目印です。

やはりこちらも、¥100で最中入り、¥200でカップ入りが選べます。
種類は、挽茶と、アズキをチョイス。渋めの気分なので。

帰ってから、包みを開くと、やはりあの「特大」最中が!
やっぱり特大


福寿堂さんのアイスは、よりきめ細やかで、なめらかな溶け。
老舗さんですが、甘さは想像より控え目でいまどきにも通用する上品なお味でした!
ごちそうさま!
スポンサーサイト

最中アイス

パイン・白桃・メロン・いちご

棚橋屋菓子店で買ってきた、おみやげ最中アイス。

種類は、迷ったので、フルーツ系の味のを4種類チョイス。
最中に包むと、もはや中身はお楽しみ状態になってしまう…
それがまたたのしいのだけれど!

のんびり帰る帰り道はもちろん楽しいけれど、
「アイス買ったから急がなきゃ!」というのもまた、リアルな勢いがあって素敵な帰り道なのだ。



肝心の中身はというと、

私は「いちご味」を引き当てました。
色鮮やかなシャーベットピンクの、
こまかいしゃりしゃり氷の感触と、やさしい甘さの丁寧な造りのアイスが、
なぜか「特大」と書かれている最中の中にぎっしりつまっていました。

グレープフルーツソース

たまにはゼリー以外にしてみよう。
と思い立ってグレープフルーツソースに。

乙女なおやつ (別冊美しい部屋)乙女なおやつ (別冊美しい部屋)
(2009/07)
不明

商品詳細を見る


この本に載っていた、いがらしろみさんのレシピがとってもおいしそうだったので、みようみまねで。
特にソースをキューブチーズにかけて黒コショウをふったもの…大人っぽい感じで新鮮な楽しみ方!
冷凍しておけば日持ちもするそう。
グレープフルーツソース

かんきつブーム、まだまだつづく…

タイガーマスクとグレープフルーツゼリー

昨日のお菓子作りの時に急に小麦粉が足りないことに気付いたあと、
急いで最寄りのスーパーに自転車を走らせました。

駐輪場にたどり着いたとき、ふとこんなものが目に入り…
タイガーマスク切手

カメラは、アクシデントでさえちょっといい思い出に変えてしまう魔法の機械だなぁ。
と思った瞬間でした。

***

グレープフルーツゼリー
さて、こちらは最近我が家で密かなブームになっているデザート。
グレープフルーツの果実の食感を生かしたゼリーです。
気分により、リキュールを入れたりして大人っぽい味にアレンジ。
カンパリが一番合うし、色もきれいに仕上がるのですが、
こちらはライチのリキュールである「パライソ」を使用しています。

ミントの葉は、この春芽吹いたばかりの新芽を失敬して。

今までは、海外産のくだものって、あまり買わなかったのですけれど、
なぜか最近は、とりわけグレープフルーツがある率が高い…。
その理由は…、また別の機会に。

はちみつレモンマドレーヌ

本日のおやつ。

はちみつレモンマドレーヌ


リトルプレス「ユルリナ」に載っていたレシピをみようみまね参考にしながら、
バラの形に焼けるという型を使ってアレンジしてみました。
小麦粉が足りない…!なんていうアクシデントもありましたが、なんとか完成。

刻んだレモンの皮のさわやかな香りと、はちみつの甘い香り。
おそろいの香りのシトラス紅茶と一緒にいただきました。
一口サイズに仕上がったので、ついついもう一つ…と、手が伸びてしまうのです。

かんきつ類を使うお菓子を作る時は、漂う香りのせいなのか
作りながら前向き気分になってくるような気がします。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。