スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野草散策図鑑~壱せい庵さんの廻りにて~

cafe壱せい庵さんの辺りでみつけた野草たち。

【エンコウソウ】
エンコウソウ
たどり着いたとたん、壱せい庵さんの横を流れている沢のふちに生えていたキンポウゲに似た野草を発見・撮影し始めてしまいました。
初めて見た野草でした。
調べたところ、サルの手のように長く伸びる草なのでその名が付き「猿猴草」と書くらしいです。


【ムラサキケマン】
ムラサキケマン
街中でも見かけることがありますが、木立の陰など薄暗くて湿り気がある場所で見かけることが多いです。
春から夏の野草へのバトンタッチの時期を彩っています。


【ネコノメソウ(種)】
ネコノメソウ(種)
桜を見に訪れた大崎水源地で発見した「ネコノメソウ」を、こちらでもみつけることができました。
しかも「猫の目草」の由来ともなっている種のついた姿で。


【サルトリイバラ(花)】
サルトリイバラ(花)
雌雄別株ですが、こちらはおそらく雄花かな?と思われます。
秋になると、赤い実をつけてわたしたちのクラフト魂をそそる植物は、初夏には生け花の花材として壱せい庵さんの廊下を動きのある姿で彩っていました。


【クサイチゴ】
クサイチゴ
一重のバラのような華やかな白い花が林の下でひときわ輝いていました。
花が終わった後も、おたのしみ。
真っ赤な実が、食べられるのです。


【シャガ】
シャガ
白? 紫?
曖昧な色が好きな理由。
木陰でぼんやりと光を放つようにひっそりと咲く気高い花の花言葉は「反抗」だとか。
どことなく、気が強くて、人に媚びずに生きてゆく性格なのかな?と思わせる、魅力的な花なのです。


【ショウブ】
ショウブ
端午の節句の「菖蒲湯」になるあのショウブです。
ところが、菖蒲湯の香りを私は知りません…
どんな香りなのだろう。



他、ノミノフスマ、オヘビイチゴ、カキドオシ、ミミナグサ(オランダではない方)なども沢山で、お花畑のようになっていました。
きっと、きれいな水をぐんぐん吸って、きれいな花を咲かせているのではないのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。