スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野草散策図鑑2010夏 ~浜辺編~

さて、今回の野草散策のロケーションは
初の「海辺」です!

村上市(旧岩船郡山北町)は、笹川流れ近辺の花壇にある、
自生しているのか植えてあるのかよくわからないけれど、海辺ならではの花々を撮影してきました。



【ハマハコベ】
ハマハコベ

これは、おそらくはれっきとした「野草」で間違いなさそうです。
北の方の海岸に自生する植物で、「春の七草」のハコベの仲間です。
葉っぱは、多肉植物のようにぷくぷくとして肉厚で、いたるところで旺盛に繁っていました。

写真だと花が白く飛んでよくわからないけれど、小さなかわいらしい花と、まるいつぼみをたくさんつけていました。
海辺の散歩に、ひそかな楽しみをプラスしてくれる野草。


【ハマナス】
ハマナス

これはたぶん…植栽だと思うけど、浜らしい花ということで納めてきました。
濃いピンク色の花びらはものすごく濃厚なバラの香りがします。
散った花びらを拾って手帳に挟んでおいたのですが、これがまたしばらくしてもよい香りのまま。

香りのおみやげ。
花の時期にはちょっと過ぎてしまったけれど、今だからこそオススメです!


【ハマナス(実)】

ハマナスの実
花が散って、いたるところでハマナスがまるいトマトのような実をつけていました。

もう少し経つと、もっと赤くつややかに色づいてくるはず。
ハマナスの「ローズヒップティー」って、おいしいのかな?


【ハマギク】
ハマギク

さて、こまったものです。
自生分布域を調べてみたところ「太平洋側の海岸」とあります。
これは、明らかに植栽ですね…

きれいなんだし、まあいいか。

一見マーガレットのような花。
でも葉っぱに厚みとつやがある、一本の茎から一つの花しか咲かないなどなど、
その様子はかなり「浜仕様」になっています。

もし海辺で「好き、きらい、好き…」とつぶやいている人を見つけたら、この花の存在を疑ってください。
(※自生・植栽にかかわらず、植物をむやみに採らないようにしましょうね)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。