スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水源地の桜

今年もまた、一年に一度きりのチャンスに出会うべく
三条市の大崎浄水場へ。(通称:水源地)

一年ぶりにやってきた水源地で、意外な大発見!

なんと、三条市大崎浄水場の設備一式12ヵ所が
去年2011年の10月に、国登録有形文化財に指定されたのだそう!
真新しい小さな石碑と、説明文の書かれた看板が立っていて、
建物もこころなしかきれいになっていたりして…。


昭和8年から現在まで現役で、三条の人たちを潤してきた浄水場。
文化財の証の石碑はまるで勲章のようで、どことなく誇らしい感じです。


私の毎年の桜探しは、
五十嵐川沿いの土手道を上流に向かって行くと見つかる不思議な教会みたいな建物から始まるのですが、

取水ポンプ室

この建物は、まず始めに五十嵐川から水道水の原料になる水を汲むための
「取水ポンプ場 ポンプ室」と呼ばれる設備なのだそうです。

これまでこの建物に関する情報がなかなか見つからなかったのだけど、
有形文化財の看板のおかげでようやく謎が解けました…。



そこから更に少しゆくと、近くの人々が「水源地」と読んでいる浄水場があります。


門を入ると左側に見えてくるこの重厚な建物は、
川から汲み上げてきれいにした水を溜めておく「配水池」に水を送るための施設
「配水ポンプ室」なのだそうです。

取水ポンプ室

もちろん、この建物も有形文化財。
今年の入場受付場所(普段は立入禁止なので、見学には記帳が必用)になっていた入口正面の事務室棟も、有形文化財。
ここにあるほとんどすべてが、有形文化財。

なんだか今までと違う気分…。
だけどなんとなく、うれしいような気分。
ひそかに宝物だと思っていたものが、ほんものの宝物だったからかな?



桜の咲く坂道を登って、忘れずに水神様にお参りして、
てっぺんの潜水艦の操縦室みたいな小さな建物から覗き見た桜。

水源地の桜を窓越しに。

この建物はきれいにした水を貯める「配水池」の「機械室」だとのことです。
白とエメラルドグリーンという内装タイルの配色のセンスは、今にも通じる素敵さ。



上りきったら今度は坂道を下って、もと来た道を戻ります。
古民家のような建物は、昔の番宅だったらしいです。

旧番屋の中に残っていた茶箱。

古びた窓から見えるのは、いつかの人々が働いていた息吹。
しかし味のある茶箱だな~。


どんなにのんびりでも春は来る。

今年の春は、やってくるのがあまりにものんびりで、
ほんとうに桜は咲くのかしら?と、やきもきした日もあったけど、
今日わかったのは、どんなにのんびりした歩みでもきちんと着実に季節はやって来るということ。

あ、雨が降ってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すてーき

トラカフェさんへ

ありがとうございます~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。