スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水源地の野草

水源地の旅、野草編です。


【ヒメオドリコソウ】

すきまのヒメオドリコソウ

ポンプ室の横を流れる水路で見つけました。
こんなちょっとしたすきまで頑張っているなぁ…。


【タチツボスミレ】

タチツボスミレ

こちらは浄水場裏山にて、たくさん咲いていました。
桜以上に、ついつい目が行ってしまいます。


【ナガハシスミレ】

ナガハシスミレ

先程のタチツボスミレかと思ってよく目を凝らすと、
花の後ろの出っぱった部分がすごく長いスミレが見つかったら、この種類です。
主に日本海側に多いのだそうです。


【キクザキイチゲ】

木陰のキクザキイチゲ

まだ春の早いうちから林にぽつぽつ群がって咲く花。
鮮やかな緑の葉と華奢な白い花がとてもきれいでした。
よく似た種類で「アズマイチゲ」というのがあるけど、葉っぱの形からしてキクザキイチゲかな。

花の色は白以外にも薄~濃紫などさまざまなのだそうです。
色違いも見てみたいなぁ。

キクザキイチゲは、雪の多い土地で見かけることの多い野草とのこと。


【ショウジョウバカマ】

白いショウジョウバカマ

今年の水源地野草散策では、この花によく出会いました。
よく見ると、いろんな色があるんだなぁ。
これは白花ですが、オレンジ色のもありました。
山の野草の王様の風格です。


【アザミのつぼみ】

アザミのつぼみ

たぶん、ノアザミのつぼみかな?
冬越しの固いロゼット(葉が地面にぴったり沿うように平たい放射状に広がっている状態)の真ん中につぼみを見つけるとなぜだかとてもうれしいな。

そういえば、この辺りで「山百合群生地」の立て札をみかけました。
夏の百合の季節にまた来れたらいいのになぁ。
普段は入れないのです…。


【カタクリ】

カタクリの群生

野草散策初登場でしたでしょうか?
念願のお目見え…!

遠くから、斜面に咲く紫色を見つけまして、気がつけば45度くらいの斜面をよじぼっておりました…。
のぼった甲斐あって、群生地に出会うことができました。
ヘビさんにも出会ってしまったけど…。
(あちらも呆気にとたれたような顔でこちらを何回か振り返りつつ、にょろにょろ去って行きました)

カタクリをこんなに間近で見られたのって、どれくらいぶりだろう?
苦労がむくわれたひとときでした…。

撮影はちょっとたいへん。

背景の急斜面っぷりのわかる1枚(苦笑)


早春のお山の、春を待ちわびたような雰囲気がとても好きです。
雨上がりの土の匂いだとか、柔らかい陽射しだとか…。

カタクリはそんな春早い木立の風景を象徴する花。



そういえば、今年はセンボンヤリを見かけなかったのが少し気がかり。
ネコノメソウはあったけどちょっと少ないように感じました。

以上、水源地野草散策レポートでした。

水源地の桜

今年もまた、一年に一度きりのチャンスに出会うべく
三条市の大崎浄水場へ。(通称:水源地)

一年ぶりにやってきた水源地で、意外な大発見!

なんと、三条市大崎浄水場の設備一式12ヵ所が
去年2011年の10月に、国登録有形文化財に指定されたのだそう!
真新しい小さな石碑と、説明文の書かれた看板が立っていて、
建物もこころなしかきれいになっていたりして…。


昭和8年から現在まで現役で、三条の人たちを潤してきた浄水場。
文化財の証の石碑はまるで勲章のようで、どことなく誇らしい感じです。


私の毎年の桜探しは、
五十嵐川沿いの土手道を上流に向かって行くと見つかる不思議な教会みたいな建物から始まるのですが、

取水ポンプ室

この建物は、まず始めに五十嵐川から水道水の原料になる水を汲むための
「取水ポンプ場 ポンプ室」と呼ばれる設備なのだそうです。

これまでこの建物に関する情報がなかなか見つからなかったのだけど、
有形文化財の看板のおかげでようやく謎が解けました…。



そこから更に少しゆくと、近くの人々が「水源地」と読んでいる浄水場があります。


門を入ると左側に見えてくるこの重厚な建物は、
川から汲み上げてきれいにした水を溜めておく「配水池」に水を送るための施設
「配水ポンプ室」なのだそうです。

取水ポンプ室

もちろん、この建物も有形文化財。
今年の入場受付場所(普段は立入禁止なので、見学には記帳が必用)になっていた入口正面の事務室棟も、有形文化財。
ここにあるほとんどすべてが、有形文化財。

なんだか今までと違う気分…。
だけどなんとなく、うれしいような気分。
ひそかに宝物だと思っていたものが、ほんものの宝物だったからかな?



桜の咲く坂道を登って、忘れずに水神様にお参りして、
てっぺんの潜水艦の操縦室みたいな小さな建物から覗き見た桜。

水源地の桜を窓越しに。

この建物はきれいにした水を貯める「配水池」の「機械室」だとのことです。
白とエメラルドグリーンという内装タイルの配色のセンスは、今にも通じる素敵さ。



上りきったら今度は坂道を下って、もと来た道を戻ります。
古民家のような建物は、昔の番宅だったらしいです。

旧番屋の中に残っていた茶箱。

古びた窓から見えるのは、いつかの人々が働いていた息吹。
しかし味のある茶箱だな~。


どんなにのんびりでも春は来る。

今年の春は、やってくるのがあまりにものんびりで、
ほんとうに桜は咲くのかしら?と、やきもきした日もあったけど、
今日わかったのは、どんなにのんびりした歩みでもきちんと着実に季節はやって来るということ。

あ、雨が降ってきた。

そば粉のガレット

そば粉のガレット

そば粉がたくさん手に入ったから、
作ってみたかった念願のお料理。

「そば粉のガレット」

そば粉と、牛乳、玉子、それに溶かしバターを混ぜて
一晩寝かせた生地を、
お菓子のクレープのように薄ーく焼きまして、

玉子を割って、ハムをのせて、チーズもかけて
こんがり焼いたら
四辺を折り曲げて、丸→四角にします。

仕上げに黒胡椒をふりかけて、完成!


とっても簡単、とってもおいしい
ちょっと特別な気分になる週末の朝ごはん。


【まめちしき】
…でも実は、シードル(りんごの発泡ワインみたいなの)にもよく合うのです!
シードルも、そば粉のガレットも、フランスのノルマンディー地方がふるさとなのです。

心の色した刺繍糸

私のてづくり作業用に、
刺繍糸のぎっしり詰まった箱があるのですが、その中を幾ら探しても
今刺しているものに合う色がどうにもピンとこないので、
街の手芸屋さんに買い足しにゆきました。

刺繍糸が売られている棚は引き出しになっていて
引き出しを引っ張り出すと、中には仕切りがついた小部屋になっていて、刺繍糸が色ごとに整頓されています。


この引き出しを引っ張り出したときの、鮮やかなグラデーションに、いつもわくわくしてしまうのです。


それから、
たくさんの色の中からつくりたいもののイメージに合った色を、
むしろ絵の具や色鉛筆のような絵を描く材料を選ぶみたいに選びます。
「ん、これかな?」
という候補を、幾つか取り出して並べてみたりしつつ。


そうして夢中で引き出しを開け閉めしては、色との出会いを楽しんでいるのですが、
その都度必用な色以外に「おっ」と心惹かれる色が必ずあって、
必ず1本はそんな理由で買ってみたりもします。

何に使うかは決めていないけど、あとで重宝したりすることも多くて…。

ところで不思議なのは、この「なぜだかわからないけど心惹かれる色」というのは、毎回来る度に違っているということ。

まるで心理テストみたいね。


というわけで、この6色を選んで買いました。
これが今の私の心の色なんだな。

心の色した刺繍糸

レンギョウのつぼみとコーヒーと

お彼岸のぼたもちをばあちゃんの家へ届けにゆきました。

新しく買ったというコーヒードリップでコーヒーを入れてもらう…
はずが、なぜかいつの間にかセルフサービスになっていたのだけれどね。

深炒りの香ばしい匂いが、名残り雪の昼間にふわふわ漂いました。

レンギョウのつぼみとコーヒーと

テーブルの上には、空き缶につぼみのレンギョウが生けてありました。
開いた花もいいけれど、この方が早春らしく粋だなぁと思いきや
雪の重みで木が折れてしまったから、かわいそうなつぼみの枝を拾ってきたものらしい…。

今年は厳しい冬だったからね…。

でも、今日は「春分の日」
これから日増しに伸びてゆく明るい時間。
さて、何をして過ごそうかな。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。